栄熱処理工業株式会社株式会社 ロゴ

沿革

1960年6月 黒田生栄、豊田工機鰍定年退職後、自動車部品、治工具部品の熱処理加工及びこれに関連する事業を行う為、資本金100万円にて栄熱処理工業(株)を設立
1962年7月 資本金200万に増資
1963年5月 黒田義之 専務取締役に就任
自動車産業の発展に伴い受注量が増加し、設備の合理化及び近代化を図る
1964年10月 資本金300万円に増資
1966年10月 資本金500万円に増資
1966年11月 設備近代化の一環として第一工場を新設
1967年2月 設備近代化の一環とし中外炉工業(株)製『熱式ガス浸炭焼入炉』及び『RXガス変成炉』を設置し、個体浸炭からガス浸炭へ移行
1967〜70年 設備の合理化及び近代化、品質、生産管理の強化推進
1970年 公害が社会問題としてクローズアップされ、その対策として液体浸炭からガス浸炭に全面移行
1970年12月 工場を553uに増設
1971年5月 生産技術の強化を図る為、設備を増設
・『ガス浸炭炉(自動式)』2基
・『ソルトバス炉(灯油焚)』2基
・『バッチ炉(灯油焚)』1基
・『焼戻ソルトバス炉(灯油焚)』2基
・『焼戻電気炉』2基
1971年5月 排水処理問題への対策として、排水処理設備一式を設置
1973年1月 代表取締役社長 黒田生栄 代表取締役会長に就任
専務取締役 黒田義之 代表取締役社長に就任
1973年6月 刈谷税務署長より、優良申告法人として表敬される
1973年11月 第二工場を建設
1973年11月 水質基準値が一段と厳しくなり、対策として排水処理機『トーワNF型』を新設
1976年3月 「種目: 鋼の浸炭焼入焼もどし」として日本工業規格表示許可工場に認定
1976年3月 資本金1,000万円に増資
1976年3月 名古屋通商産業局長より、電気合理化使用事業場として表彰される
1976年12月 名古屋通商産業局長より、電気保安功労事業場として表彰される
1978年2月 通商産業大臣より、電気合理化使用事業場として表彰される
1978年11月 刈谷税務署長より、優良申告法人として再表敬される
1980年8月 PS部品増産に伴い、設備を増設
・『ガス浸炭炉』2基
・『焼戻電気炉』1基
1980年10月 愛知労働基準局長より、労働衛生管理活動を積極的にすすめた事により「昭和55年度 全国労働衛生週間」努力賞を受賞
1983年8月 第二工場を取り壊し、新工場を建設
1983年8月 高周波焼入れ設備を導入
1983年8月 刈谷税務署長より、優良申告法人として再表敬される
1984年 高周波焼入れ技術の研究を進める
1985年4月 (財)機械電子検査検定協会より、JIS公示検査完了証明書を交付される
1985年7月 名古屋通商産業局長より、JIS公示検査結果について日本工業規格に該当し適性と認められる
1986年 コンピュータ導入により、事務の合理化、物流の改善、在庫管理等、生産体制の見直しを図り推進する
1988年1月 黒田栄一 取締役工場長に就任
1988年1月 『ガス炉プログラムコントローラーシステム』を導入
1988年1月 『自動歪矯正機』を導入
1988年11月 刈谷税務署長より、優良申告法人として再表敬される
1989年9月 JIS表示許可種目及び日本工業規格の名称改正により許可書を再交付される
種目「鋼の浸炭焼入焼もどし」→「鋼の浸炭焼入焼戻し加工」
1990年8月 『ガス炉2号炉』を更新
1991年2月 (財)機械電子検査検定協会より、JIS公示検査完了証明書を交付される
1992年3月 中部通商産業局長より、JIS公示検査結果について日本工業規格に該当し適性と認められる
1992年6月 ガス流量計測制御システム『マスフローコントローラー』を導入
1992年10月 愛知労働基準局長より、労働衛生管理活動を積極的にすすめ、他の模範と認められた事により「平成4年度 全国労働衛生週間」優良賞を受賞
1993年1月 黒田栄一 専務取締役工場長に就任
1993年7月 豊田工機(株)殿より、永年に亘り無災害を継続し、愛知労働基準局長「平成4年度 全国労働衛生週間」優良賞を受賞した事により、無災害優良会社として表彰される
1994年11月 刈谷税務署長より、優良申告法人として再表敬される
1993年7月 愛知労働基準局長より、職場の安全に努力した事により「平成7年度 全国労働衛生週間」進歩賞を受賞
1993年7月 豊田工機(株)殿より、永年に亘り無災害を継続し、愛知労働基準局長「平成7年度 全国労働衛生週間」進歩賞を受賞した事により、無災害優良会社として表彰される
1997年4月 JIS表示許可種目及び日本工業規格の名称の改正により許可書を再交付される
種目「鋼の浸炭焼入焼戻し加工」→「鋼の浸炭及び浸炭窒化焼入焼戻し加工」
1998年11月 (財)日本品質保証機構より、JIS公示検査完了証明書を交付される
1999年10月 労働大臣より、労働衛生管理活動を積極的にすすめた事により「平成11年度 全国労働衛生週間」努力賞を受賞
2000年8月 『露点カップの測定(手動)』から『鏡面冷却式自動露点計』へ切り替え
2000年8月 刈谷税務署長より、優良申告法人として再表敬される
2002年 『炉内の雰囲気管理システム』を導入
2002年3月 JIS表示許可種目及び日本工業規格の名称の改正により許可書を再交付される
種目「鋼の浸炭及び浸炭窒化焼入焼戻し加工」→「鉄鋼の浸炭及び浸炭窒化焼入焼戻し加工」
2003年4月 ISO9001:2000認証取得
2003年7月 愛知労働局長より、労働衛生管理活動を積極的にすすめ他の模範と認められた事により「平成15年度 全国労働衛生週間」優良賞を受賞
2003年7月 豊田工機(株)殿より、永年に亘り無災害を継続し、愛知労働基準局長「平成15年度 全国労働衛生週間」優良賞を受賞した事により、無災害優良会社として表彰される
2003年10月 『後洗浄用 真空洗浄機』を増設
2004年5月 『前洗浄用 真空洗浄機』を増設
2004年5月 『小型アルカリ洗浄機』を増設
2004年6月 代表取締役社長 黒田義之 代表取締役会長に就任
専務取締役工場長 黒田栄一 代表取締役社長に就任
2006年12月 ISO14001:2004認証取得
2007年10月 『ガス焚式ガス浸炭炉(9号)』を増設
2008年2月 工業標準化法の改正により、JISマーク表示制度認証書を交付される
認定番号→認証番号
475092→JQ0407039
2008年9月 8号炉を電気式からガス焚式+セラミック化に変更
2008年10月 7号炉を電気式からガス焚式+セラミック化に変更
2008年10月 『一層式自動シャワー洗浄装置』を導入
2011年5月 『鏡面冷却式自動露点計』を増設
2012年3月 『鏡面冷却式自動露点計』を増設
2012年4月 6号炉を電気式からガス焚式+セラミック化に変更
2012年5月 2号炉を電気式からセラミック化に変更
2013年1月 ガス炉9号ラジアントチューブを交換
2015年10月 『ショットタンブラスト』を増設
『RXガス発生機』を更新
2017年08月 『ガス浸炭焼入炉(1号)』を更新
2017年09月 『真空脱脂洗浄機』を増設