head_img

加工技術

材質 + 形状 (質量) + 熱処理スペック (硬さ・浸炭深さ)
= 最適な熱処理方法・条件(温度・時間・CP)の確定

ガス浸炭焼入焼戻し(HCG-HQ-HT. TSH-5200) SCM415. SCM420. SCr420等の合金鋼をRXガス雰囲気中で850℃~940℃に加熱し、鋼の表面に炭素を侵入させたのち焼入油で急冷(焼入)仕様により有効浸炭深さ0.1~0.4ミリの浅物から1.0~1.4ミリの深物加工が可能
ガス浸炭窒化焼入焼戻し加工(HCNG-HQ-HT. TSH-5201) S15C. SPH270・SPH440等の低炭素鋼等をRXガス雰囲気中で860℃~940℃に加熱し、鋼の表面に炭素と窒素を侵入させたのち焼入油で急冷(焼入)仕様により全浸炭深さ0.3~0.7ミリ程度の加工が可能
無酸化焼入焼戻し加工(HQO-HT. TSH-5102) S45C,SCM435等の鋼をRXガス雰囲気中で820℃~870℃に加熱・均熱後、焼入油で急冷(焼入)
微浸炭焼入焼戻し加工 S22CB・S28CB(ボロン鋼)をRXガス雰囲気中で加熱し、鋼の表面に微量の炭素を侵入させたのち焼入油で急冷(焼入)

熱処理工程の一例

①製品を熱処理治具にセット

photo 製品の品質が均一に保てるように、製品形状に応じた熱処理治具に1つずつセットします。
1つの製品につき、数百個から、多いもので一万個以上処理をします。

②前洗浄

photo 切削油やプレス油を炭化水素系洗浄剤(真空洗浄機)で洗浄します。

③焼入れ

photo 製品の "装入→昇温加熱→浸炭→(焼入)" まで一連の工程をバッチ式ガス浸炭焼入炉で行います。

photo 熱処理で一番重要なプロセス(温度、時間、CP等)管理をプログラムコントローラを用いて集中管理しています。

④後洗浄

photo 焼入時に付着した焼入油を炭化水素系洗浄剤(真空洗浄機)で洗浄します。

⑤焼戻し

photo 焼入した鋼のじん性(ねばり強さ)を持たせると同時に、表面硬さの仕様に調整するため、160℃から600℃の焼戻しを行います。

⑥製造検査

photo 処理ロットごとに、表面硬さ5個、浸炭深さ1個をお客様要求事項に適合しているか製造検査を行います。
検査合格品が次工程へリリースされます。

⑦箱詰

photo 熱処理治具にセットされた製品を、指定された通箱へ箱詰します。
また、この工程で出荷検査用の試料をロット10個ランダムサンプリングされます。

⑧出荷検査

photo 処理ロットごとに、表面硬さ10個、浸炭深さ1個(製造検査測定品)
お客様要求事項に適合しているか出荷検査を行い、検査合格品が出荷許可されます。

⑨荷造り

photo お客様の納入指示に従い、かんばんを1箱ずつ付け出荷準備します。

⑩出荷

ようやく熱処理完了品がお客様に納品されます。
ありがとうございました!

ページトップに戻る

プライバシーポリシー  経営方針
. カウンター