栄熱処理工業株式会社株式会社 ロゴ

処理技術

材質 + 形状 (質量) + 熱処理スペック (硬さ・浸炭深さ)
= 最適な熱処理方法・条件(温度・時間・CP)の確定

ガス浸炭焼入焼戻し(HCG-HQ-HT. TSH-5200)

SCM415. SCM420. SCr420等の合金鋼をRXガス雰囲気中で850℃〜940℃に加熱し、鋼の表面に炭素を侵入させたのち焼入油で急冷(焼入)
仕様により有効浸炭深さ0.1〜0.4ミリの浅物から1.0〜1.4ミリの深物加工が可能

ガス浸炭窒化焼入焼戻し加工(HCNG-HQ-HT. TSH-5201)

S15C. SPH270・SPH440等の低炭素鋼等をRXガス雰囲気中で860℃〜940℃に加熱し、鋼の表面に炭素と窒素を侵入させたのち焼入油で急冷(焼入)
仕様により全浸炭深さ0.3〜0.7ミリ程度の加工が可能

無酸化焼入焼戻し加工(HQO-HT. TSH-5102)

S45C,SCM435等の鋼をRXガス雰囲気中で820℃〜870℃に加熱・均熱後、焼入油で急冷(焼入)

微浸炭焼入焼戻し加工

S22CB・S28CB(ボロン鋼)をRXガス雰囲気中で加熱し、鋼の表面に微量の炭素を侵入させたのち焼入油で急冷(焼入)